/

この記事は会員限定です

タイヤでデータ収集 ブリヂストン、IoT企業への深謀

[有料会員限定]

タイヤ世界首位のブリヂストンが自動運転やカーシェアリングの普及をにらんだ経営にカジを切った。車の「保有」から「利用」へのシフトに伴い販売台数は頭打ちになるが、走行距離は増えるためタイヤ市場は拡大する見通し。そこで売るだけではなく、タイヤにセンサーを付けて走行状況を分析するデータビジネスに注力する。自動運転などで100年に1度の変革期とされる自動車産業の転換点でも盟主の座を死守しようとしている。その鍵がデータ活...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2188文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン