桜田五輪相が謝罪、蓮舫議員へのちぐはく答弁巡り

2018/11/13 10:12
保存
共有
印刷
その他

桜田義孝五輪相は13日の閣議後記者会見で、立憲民主党の蓮舫参院議員に対する参院予算委員会でのちぐはぐな答弁を巡り、「質問通告が全然なかった」とした記者会見での発言などについて謝罪した。9日に「事実と若干違いがある」と発言を撤回したが、明確な謝罪はしていなかった。

参院予算委員会での答弁を巡り謝罪する桜田義孝五輪相(13日、東京・千代田)

桜田五輪相は「蓮舫議員の質問通告に関し生じている一連の状況について、関係各位にご迷惑をおかけしたことについておわびしたい」と発言。参院予算委で蓮舫議員の名前を間違えたことについても謝罪した。

質問通告については「通告事項はあった」としながらも「もう少し詳しい聞き取りというか、そういうものがあったらよかったかな」と不満をにじませた。

桜田五輪相は5日の参院予算委で、蓮舫議員から2020年東京五輪・パラリンピックの基本コンセプトを聞かれたが、すぐに答えられなかった。大会予算の国の負担分の1500億円も「1500円」と言い間違えるなどしていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]