2018年12月10日(月)

英離脱交渉の進展「十分でない」 EU閣僚理事会

Brexit
ヨーロッパ
2018/11/13 5:57
保存
共有
印刷
その他

【ブリュッセル=森本学】欧州連合(EU)は12日、英国を除く加盟27カ国の外相らによる総務理事会を開き、英国のEU離脱交渉の進展状況を協議した。EU側は英国との離脱交渉で大きな進展があれば、緊急のEU首脳会議を開いて合意を目指す方針。議長を務めたオーストリアのブリューメル首相府相は会合後、記者団に離脱交渉の進捗は「首脳会議の開催を求めるには不十分だ」との評価を示した。

メイ英政権は11月中にも緊急のEU首脳会議の開催にこぎ着け、EUと離脱交渉で暫定合意したい考え。離脱の条件などを定める離脱協定案の英議会での承認手続きに十分な時間を確保するのが狙いだ。

11月末の緊急首脳会議の開催には、週内にも首席交渉官会合で交渉をまとめる必要がある。しかしEU総務理事会が12日の会合後に公表した文書では、難航しているアイルランドの国境問題を巡って「協議がなお続いている」と指摘した。

交渉難航の主因がメイ政権の求心力の低下だ。メイ政権のEUとの交渉姿勢に与野党が猛反発し、EUとの暫定合意案を決められずにいる。EU加盟国の閣僚からは12日、「英国からのニュースを待っている」(ベルギーのレインデルス外相)との声が相次いだ。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報