/

MLBの監督や選手が献花 広島・原爆慰霊碑で

米大リーグ(MLB)オールスターチームのドン・マッティングリー監督(マーリンズ)や選手ら4人が12日、広島市の平和記念公園を訪れ、原爆慰霊碑に献花した。MLB側が希望して実現。13日にマツダスタジアム(同市南区)で開催される日米野球に出場する。

広島市の平和記念公園を訪れ、原爆慰霊碑に献花するMLBオールスターチームのミッチ・ハニガー外野手(手前左)と前田健太投手=12日午後、共同

選手で献花したのは、元広島カープの前田健太投手(ドジャース)とミッチ・ハニガー外野手(マリナーズ)。松井一実市長に先導された一行は慰霊碑に花を手向け、祈りをささげていた。

2015年までカープに在籍していた前田投手は「広島にとって平和公園が大切な場所だと、日米の人々に野球を通じ発信していきたい」と話した。

一行はその後、原爆資料館も見学。マッティングリー監督は「われわれは悲劇を忘れない。野球を通じて得た友情を慈しみ、ともに平和を願う」と芳名録に英語で記帳した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン