2018年12月19日(水)

ソプラノの魅力 西洋史家 本村凌二

あすへの話題
2018/11/16 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

戦後間もないころ、テレビもなく、もっぱらラジオと映画が楽しみだった。九州の片田舎の温泉町に育ったせいか、幼児の私は親に連れられて芸者遊びの接客の場を目にしている。最初に覚えた歌が「ゲイシャ・ワルツ」や「野球拳」だから、どうも高級感のあるものより庶民文化が肌に合う。

先日、イタ飯屋でワインを片手に会食した数人のなかにソプラノ歌手の後藤ちしをさんがいた。東京芸大でオペラを学び、ミラノにも数年間留学し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報