/

この記事は会員限定です

ホンダ、米生産の高級車を中国移管 関税影響減らす

【イブニングスクープ】

[有料会員限定]

ホンダは高級車ブランド「アキュラ」の中国生産を増やす。米国から輸入していた多目的スポーツ車(SUV)の新型を中国生産に切り替えて2018年内に発売する。米中摩擦の激化で米国からの輸入車には40%の関税がかかる。高関税の影響を減らすために生産車種を見直す動きが広がりそうだ。

イブニングスクープ

翌日の朝刊に掲載するホットな独自ニュースやコラムを平日の午後6時ごろに配信します。

ホンダは中国で広州汽車集団と東風汽車集団との合弁2社で四輪車を生産している。18年3月期の中国での新車販売台数は145万台と最大の米...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り926文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン