/

この記事は会員限定です

三菱UFJ・三井住友銀ATM開放 自前主義の終焉映す

[有料会員限定]

三菱UFJ銀行と三井住友銀行が2019年前半にもATMの相互開放に乗り出す。銀行サービスの象徴として機能を高め、台数を増やしてきた方針を一転。ATMの共同開発・運営まで視野に入れる。人口減や長引く低金利で経営環境が厳しさを増すなか、分野によっては競い合いをやめて手を握る新たな競争時代に突入した。

11月上旬、両行の担当者による協議は大詰めを迎え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1250文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン