/

この記事は会員限定です

優しいまち、バリアフリーで加速 オリ・パラの遺産に

[有料会員限定]

2011年3月11日の東日本大震災で津波被害を受けた岩手県陸前高田市。あの日から7年半が過ぎた9月29~30日、「陸前高田市まちびらきまつり」が開かれた。一連の行事の中で実施した「ノーマライゼーション学校」という取り組みは市内の中高生や障害を持つ車いすユーザーが参加し、新しい中心市街地を歩いてバリアフリー度を点検しようというものだ。中心市街地に新設した複合施設「アバッセたかた」に設置した視覚障害者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2934文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン