[FT]地球資源の使い過ぎに歯止めを(社説)

2018/11/12 16:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界自然保護基金(WWF)の「生きている地球レポート」最新版は不安を呼び起こす内容だ。40年余りの間に野生生物の個体数が6割も減ったという「驚くべき」事実を明らかにした。人類の行動範囲は広がり続け、人間の活動に実質的に影響を受けていない陸地は現時点で全体のわずか25%、2050年までには10%に減る見通しだ。野生生物が苦境に立たされているのは明白だ。

生態系や水、土地、鉱物、大気など、野生生物以…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]