2019年6月17日(月)

勝負はこれから

フォローする

稲葉監督の采配にみる ツキを呼ぶ「覚悟」
編集委員 篠山正幸

(1/2ページ)
2018/11/13 6:30
保存
共有
印刷
その他

9日の日米野球第1戦、日本は4番への代打策という稲葉篤紀監督の好采配で勝利をもぎ取った。なりふり構わぬ用兵に、以前聞いた「決意表明」が、いかに固いものだったかをみる思いがした。

4-6の九回裏、日本は1死から中前打で出塁した代打上林誠知(ソフトバンク)が、3番秋山翔吾(西武)の空振り三振の際に二盗を決めたものの、2死。

4番への代打策「苦渋の決断」

追い詰められたところで、断を下した。「代打会沢(翼、広島)」。4番の山川穂高(西武)への代打策は「苦渋の決断」(稲葉監督)だったという。

2番に最強の打者を入れるといった戦術が、メジャーでも日本でも出てくるなかで、4番、4番と騒ぐのもおかしいかもしれないが、もっとも信頼できる打者の一人である、という中軸での先発起用の意味を考えると、簡単に代えられるものではない。

決断をためらわせるもののすべてを吹き払い、稲葉監督は賭けに出た。その結果は吉と出た。

日米野球第1戦で逆転サヨナラ2ランを放った柳田(右奥)を迎える稲葉監督(中央奥)=共同

日米野球第1戦で逆転サヨナラ2ランを放った柳田(右奥)を迎える稲葉監督(中央奥)=共同

会沢が右腕、キルビー・イェイツから足元を抜ける中前打を放ち、5-6。会沢の代走に源田壮亮(西武)と、一気呵成(かせい)に仕掛ける。その流れに乗るように、5番柳田悠岐(ソフトバンク)が、バックスクリーンに逆転サヨナラとなるアーチをかけた。

稲葉監督は小久保裕紀前監督からバトンを引き継ぎ、2017年11月のアジアプロ野球チャンピオンシップから指揮を執っている。この大会を無敗で制したのに続き、18年3月のオーストラリアとの強化試合も連勝した。12日現在で2勝1敗となっている今回の日米野球や練習試合を含め、ここまで8勝2敗1分けの好成績を収めている。

アジアプロ野球チャンピオンシップ初戦の韓国戦は、苦戦しながらも8-7で振り切った。9日のサヨナラといい、稲葉ジャパンは勝ち運に恵まれているようにみえる。

その勝ち運も、座して待っていてはつかめないものだっただろう。

稲葉監督は小久保ジャパンで打撃コーチを務めた。17年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。本番前の壮行試合で負けただけで、小久保監督らはマスコミの厳しい論調にさらされた。

代表への期待は高く、その分、負けたときの失望は大きい。小久保前監督の傍らにいて、その厳しさを肌身で受け止めてきた稲葉監督は、大役を受けると決めたときには腹をくくっていたらしい。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

勝負はこれから 一覧

フォローする
5月2日の中日戦で天井へ当たる三塁適時内野安打を放つ巨人・岡本=共同共同

 「フォーアウトを取る野球は難しいということですねえ」。巨人・原辰徳監督が、しみじみと語ったのは岡本和真の“凡飛”が、東京ドームの天井に当たって安打となったことから逆転勝ちした中日戦(5月2日)のあと …続き (6/11)

上原のシーズン半ばでの引退決断には、チームに影響のない形で辞めるという強い意志があったことがうかがえる=共同共同

 シーズン半ば、巨人復帰後の上原浩治(44)が、ユニホームを脱いだ。復活を心待ちにしていたファンにとっては寂しい限りだろうが、誰よりも悔しい思いをし、決断の苦しさを味わったのは当人だろう。自己に対する …続き (5/28)

5月4日の広島―巨人戦。1回、菊池涼のプレーを巡りリクエスト後、アウト判定となった結果に猛抗議する広島・緒方監督(左)。この後、退場処分となる=共同共同

 野球に判定のトラブルはつきものだ。それをすっきり解決する手段の一つとして導入されたリクエスト制度だが、それがもとで起こるもめ事もあるからややこしい。審判の権威を守りつつ、判定の正確性を期すにはどうす …続き (5/14)

ハイライト・スポーツ

[PR]