[FT・Lex]ウニクレディト、不良債権比率に問題

2018/11/12 12:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

欧州大手銀行の統合再編を推進する向きにとっては、不良債権がすべてのカギを握る。

ドイツが、特にイタリアの銀行の不良債権処理に満足すれば、欧州の預金保険制度創設に向けて前進すると考えられている。そうなれば、イタリア最大手ウニクレディトのような銀行と、例えばフランスのソシエテ・ジェネラルの国境を越えた合併に道が開かれ、欧州が米国のJPモルガン・チェースのような銀行に挑戦できるようになる。では、「美し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]