「自宅避難」への備え、食料備蓄と料理法(災害考)

2018/11/12 9:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

南海トラフ巨大地震や首都直下地震が起きた場合、都市部の避難所は人であふれる恐れがある。「可能な限り自宅にとどまって」と呼びかける防災アドバイザーが11月、「自宅避難」に特化した珍しい防災イベントを東京都内で開いた。カギは最低1週間分の水・食料の備蓄と、ライフラインが止まったときの料理法を知ることだという。

電気やガスが途絶えたなか、どうやって温かいごはんを作るか――。正解は米と1.5倍量の水をポ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]