/

園田博之衆院議員が死去 村山内閣で官房副長官

(更新)

村山富市内閣の官房副長官や自民党政調会長代理などを務めた衆院議員の園田博之(そのだ・ひろゆき)氏が11月11日午前4時35分、肺炎のため都内の病院で死去した。76歳だった。連絡先は熊本県天草市の同議員事務所。お別れの会を行うが日取りなどは未定。喪主は長男、哲也氏と長女、桂子さん。

園田博之氏

外相を務めた父、園田直氏の秘書などを経て、1986年の衆院選で初当選。93年に自民党を離党し、政治刷新を目指して武村正義氏らと「新党さきがけ」を結党、幹事長などを歴任した。

99年には自民党に復党したが、2010年には再び離党し「たちあがれ日本」の結党に加わって党の幹事長を務めた。その後、「日本維新の会」などを経て、15年に再び自民党に復党した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン