/

この記事は会員限定です

独仏首脳、因縁の地で統合の誓い 第1次大戦終戦100年

[有料会員限定]

【パリ=石川潤】ドイツのメルケル首相とフランスのマクロン大統領が10日、100年前に第1次世界大戦の休戦協定を結んだ仏北部、コンピエーニュの森を訪れた。両首脳は抱擁のあと、当時の署名の舞台となった鉄道車両で「欧州と平和のために」などと記帳。過去の悲劇を繰り返さないためにも、独仏が協力して欧州統合を進めていく考えを示した。

「我々は死亡した兵士たちに責任がある。君の年齢のような人を含め、何百万人も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り758文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン