2019年9月16日(月)

中国・独身の日スタート アリババ、2分で100億元突破

2018/11/11 1:43
保存
共有
印刷
その他

【上海=松田直樹】中国で年間最大のインターネット通販セール「独身の日」が11日に始まった。中国電子商取引(EC)最大手のアリババ集団が2009年に開始したセールで今年で10回目となる。近年はネット通販だけでなくスーパーや百貨店などあらゆる小売店も参戦する一大イベントに成長。アリババの昨年の取引額は約2兆7千億円で、今年はどこまで伸ばせるか注目される。

昨年の独身の日では1682億元(約2兆7500億円)を売り上げた

独身の日の開始にあたり上海市内にアリババが設けた特設会場では午前0時のセール開始とともに取引額が刻々と更新。開始から約2分で100億元(約1600億円)を突破した。会場には馬雲(ジャック・マー)会長も駆けつけ、取引額が更新されていく様子を見守った。

独身の日は中国では「双11(ダブルイレブン)」と呼ばれている。中国では10月初めの国慶節(建国記念日)の大型連休とクリスマス商戦となる12月に挟まれ、11月は消費が動きにくい時期とされていた。これに目をつけた張勇最高経営責任者(CEO)が09年に「盛り上がる大規模なセールを打とう」と始まった。

「11月11日」とシングルを意味する「1」が並ぶことから、もともとは独身者が「自分へのご褒美」で買い物をする日でもあったが、昨年の独身の日の1日の取引額は1682億元に上り、国内外で影響力のあるイベントとなった。また馬氏が19年9月での会長退任を表明しており、今年はジャック・マー体制で最後となる節目の独身の日でもある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。