/

この記事は会員限定です

外国人就労、各国は? 米独英韓に学ぶ4つの論点

[有料会員限定]

13日に衆院で審議入りする外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法改正案をめぐり与野党の論議が活発化している。受け入れの制度設計で先行する各国はどのように対応しているのか。国会での本格論戦を前に主に4つの論点を探った。

不法滞在

不法滞在の増加による治安への影響は懸念材料の一つだ。野党は現行の技能実習制度を利用した実習生の失踪が増加傾向にある点を懸念する。

04年に外国人の単純労働者の受け入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1672文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン