/

この記事は会員限定です

豊洲開場1カ月、取扱高伸び悩み 周辺混雑は少なく

[有料会員限定]

首都圏の台所として旧築地市場(東京・中央)を引き継いだ豊洲市場(東京・江東)が11日、開場から1カ月を迎える。開場日は場内外で混乱があったが、それ以降は落ち着いた運営が続いている。ただ、取扱高が思ったほど伸びていないとの声も出ている。市場活性化には、取引を増やしていくことがカギになる。

「怖いくらいに順調だ」。東京都の市場担当者はこんな感想を漏らす。市場が最も忙しい早朝の時間帯でも、周辺道路の混雑...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り452文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン