/

不正アクセスで情報流出 九州のドラッグイレブン

九州を中心に薬局チェーン「ドラッグイレブン」を展開するJR九州ドラッグイレブン(福岡県大野城市)は10日、外部からの不正アクセスにより最大で約3万4千人分の個人情報が流出した可能性があると発表した。

流出したのは、ホームページ(HP)を通じて募ったメールマガジンの会員や、通信販売の利用客の氏名、住所、電話番号などの情報。クレジットカードに関する情報は含まれていないとしている。

HPが改ざんされているとの指摘を外部から受け、不正アクセスを把握しサイトを閉鎖した。既に警察に届け出て、事実関係を調査した上でセキュリティー対策を実施するという。

同社は「事態を厳粛に受け止め、再発防止に取り組む」とのコメントを発表した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン