南極観測船しらせが出港 豪で隊員と合流

2018/11/10 11:18 (2018/11/10 11:42更新)
保存
共有
印刷
その他

南極観測船しらせ(1万2650トン)が10日、第60次南極観測隊を支援するため、東京・晴海埠頭を出港した。観測隊は25日に空路でオーストラリアに向かい、しらせに合流。南極・昭和基地に12月末ごろ到着する予定という。

南極観測船しらせを見送る乗組員の家族ら(10日午前、東京・晴海埠頭)=共同

南極観測船しらせを見送る乗組員の家族ら(10日午前、東京・晴海埠頭)=共同

観測隊は、夏隊40人、越冬隊31人の計71人で構成。他に教員や外国人研究者ら29人が同行する。

観測隊は早ければ2022年度に、80万年以上前に形成された氷の塊を掘削して、当時の気候変動の調査を実施する予定で、今回は具体的な掘削場所の選定に取り組む。

出港式で村川豊海上幕僚長は、乗組員の海上自衛隊員らに向けて「厳しい環境で業務に従事することになる。能力を最大限に発揮し、任務を果たすことを期待している」とあいさつ。午前10時半すぎ、しらせが離岸すると、見送りに来た乗組員の家族らが「行ってらっしゃい」と手や旗を振って別れを惜しんだ。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]