2018年11月15日(木)

11月の米消費者態度指数、0.3ポイント低下 速報値

北米
2018/11/10 2:36
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=長沼亜紀】米ミシガン大学が9日発表した11月の消費者態度指数(速報値)は98.3で前月(確報値)から0.3ポイント低下した。ダウ・ジョーンズがまとめた市場予測(97.0程度)は上回った。

「現在の景況感」は113.2で0.1ポイント上昇したが、「今後の見通し」が88.7で0.6ポイント低下した。

調査担当者は「消費者の景況感は高水準で安定しているものの、基底では重要な変化が起きている」と分析。所得見通しは上向いており、消費者は力強い雇用増が続くと予測する一方で、「インフレと金利上昇も見込んでおり、これらが相互に打ち消し合っている」と指摘した。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報