/

バッテリー発煙で緊急停止 東北新幹線

9日午後5時55分ごろ、東京発盛岡行きの東北新幹線はやぶさ65号(17両編成)が上野―大宮間を走行中、6号車の車内で乗客のモバイルバッテリーから煙が確認され、緊急停止した。車掌が消火した。安全確認後に9分遅れで大宮駅まで到着し、先の区間が運休となった。

JR東日本や消防によると、体調不良を訴えた20代の女性4人が救急搬送され、後続車に乗り換えた1人がやけどを負ったと仙台駅で申し出た。いずれも程度は軽いもよう。

埼玉県警大宮署によると、6号車に乗っていた女性がバッテリーを床に落とした際に発煙した可能性があり、詳しい原因を調べている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン