/

複数の男が関与か、名古屋・栄の3800万円強盗

8日に名古屋市中区栄の路上で男性が現金約3800万円が入ったバッグを奪われた強盗事件で、近くの防犯カメラにバッグを奪った男とは別の男が走り去る様子が映っていたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。愛知県警中署は、複数の男が関わった可能性があるとみて映像の解析を進めている。

事件は8日午後2時20分ごろに発生。男が男性に体当たりし、現金の入ったショルダーバッグを奪った。捜査関係者によると、事件発生前後の時間帯に、黒い服装でマスクを着けた不審な男2人が付近の防犯カメラに映っていた。2人はそれぞれ別の方向に走り去っていたという。

中署によると、男性の車に同乗していた70代の女性は「(勤務先の)社長に頼まれ、不動産取引で得た現金を近くの銀行で受け取り、車で運んでいた」と話している。男性が車を止め、バッグを持って降りたところを突然男に体当たりされた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン