2018年11月16日(金)

静岡の家具製造、元会社役員に事業託す 県組織が仲介

南関東・静岡
2018/11/9 22:30
保存
共有
印刷
その他

静岡商工会議所が中小企業の事業承継を後押しするため運営する静岡県事業引継ぎ支援センター(静岡市)は、同センターの仲介で家具製造の森下木工所(同)が新たな経営体制に移行すると発表した。東京の輸入家具販売会社の元役員が新社長に就く。家具の製造技術と販売ノウハウの相乗効果を見込む。

握手する森下木工所の森下雅行社長(左)と、経営を引き継ぐ栄田俊氏(静岡市の静岡商工会議所)

21日に森下木工所の森下雅行社長らが全株式の51%を新たな経営者の栄田俊氏に譲渡。森下氏は相談役に退く。事業の担い手を探していた森下氏がセンターを通じ、栄田氏と出会ったという。

同社は1946年に創業。従業員数は11人で年間売上高は1億円。森下氏は調印式で「栄田流で愛される家具づくりをしてほしい」とあいさつ。栄田氏は「職人のものづくりに共感している。世界にはばたく家具ブランドにしたい」と応じた。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報