中国、産児制限の撤廃検討 少子化歯止め見通せず

2018/11/10 4:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国が「一人っ子政策」に代表される産児制限を撤廃する検討を始めた。2016年から始めたすべての夫婦に2人目の子供を認める「二人っ子政策」への緩和でも17年の出生数が減少となり、次の一手を迫られたためだ。将来の社会保障負担の拡大もにらんで人口急減を防ぐ狙いだが、産児制限撤廃でも出生急減に歯止めがかかるかは見通せない。

中国最南部の海南省の人民代表大会(省議会に相当)は9月末、産児制限条例の改正案を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]