2018年11月21日(水)

米産大豆の輸出見通し下げ 米農務省、18~19年度

2018/11/9 19:33
保存
共有
印刷
その他

米農務省は8日発表した11月の農産物需給報告で、米国産大豆の2018~19年度の輸出見通しを5171万トンと10月の予想から435万トン引き下げた。米中貿易摩擦による中国の需要減を織り込んだとみられる。

生産量は245万トン減の1億2518万トンの見通し。1エーカー当たりの収量を下方修正したことを映した。

国際指標となる米シカゴ大豆先物(期近)は日本時間9日夕時点で1ブッシェル8.6ドル前後と8日の終値より小幅下落した。

市場関係者は11月末に開かれる米中首脳会談に注目する。「大豆は当面、様子見で弱い地合いとなる」(フジトミの斎藤和彦チーフアナリスト)との声がある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報