/

この記事は会員限定です

中部空港、外国人呼び込み加速 新路線や施設増強

[有料会員限定]

中部国際空港(愛知県常滑市)がさらなる外国人利用者の取り込みに向けアクセルを踏んでいる。10月にはアジア2路線が新たに就航し、航空をテーマにした複合商業施設を開業させるなど観光面の機能も強化した。国内全体では訪日外国人客(インバウンド)の増勢が続くなか、羽田空港や関西空港に比べ、外国人利用者数の伸びが鈍いことが背景にある。

法務省によると、2017年の日本への外国人入国者数は約2742万人と前年比...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り705文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン