2018年11月21日(水)

長野県松本市、住民が選ぶ文化財認定制度
(信州リポート)

北関東・信越
2018/11/9 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長野県松本市が新しい文化財の認定制度「まつもと文化遺産」を創設した。有識者を中心に価値を検討してきた従来の制度とは異なり、地域住民が後世に伝えたいと思う文化財を幅広く対象にする。全国でも例のない大規模な住民調査で165件がリストアップされ、近く認定作業が始まる。新たな観光資源としての活用も検討する。

「松本の宝を見つめ直そうというものですね」。新認定制度を検討するために7月に設置された第1回まつ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報