/

この記事は会員限定です

再浮上した総合取引所構想 「隔たり」は埋まるか

[有料会員限定]

東京商品取引所は、東京証券取引所などを傘下に持つ日本取引所グループ(JPX)と総合取引所の創設に向けて協議することで合意した。2013年にかけても盛り上がった総合取引所構想だが、実現の可能性は前回に比べ高まったのだろうか。

総合取引所は株式や金利、商品先物などをひとつの取引所で扱う。インターコンチネンタル取引所(ICE)などの欧米勢はもちろん、シンガポール取引所(SGX)をはじめアジア各国でも主要取引所はグループ内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1291文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン