/

この記事は会員限定です

KYBが恐れるトヨタとの今後の関係

[有料会員限定]

油圧機器メーカー、KYBの中島康輔会長兼社長は9日、東京都内で2018年4~9月期決算の説明会を開き、免震・制振装置の検査データの改ざん問題を巡って「交換費用が業績に影響を及ぼす」と説明した。信頼の失墜は主力の自動車部品事業の足かせとなる。筆頭株主のトヨタ自動車との関係にも響きかねない。

19年3月期の最終損益は、従来予想の160億円の黒字から一転し、23億円の赤字(前期は152億円の黒字)となる。検査データを改ざ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り824文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン