/

全自動の植物工場、レタス出荷を開始 京都のスプレッド

植物工場ベンチャーのスプレッド(京都市)は関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)の新工場から商品出荷を開始した。苗の育成から収穫までをロボットがほぼ全自動で行う。従来に比べ約5割省人化できる。日産最大3万株のレタス栽培が可能になり、独自の野菜ブランドとして全国に出荷する。

スプレッドは新工場からレタスの出荷を始めた(京都府木津川市)

出荷を始めたのは2018年3月に竣工した「テクノファームけいはんな」(京都府木津川市)。既存の亀岡工場(同府亀岡市)を合わせると同社の生産能力は従来比1.5倍に拡大した。レタスの種を培地で発芽させる作業は人手によるが、その後の工程はロボットなどが担う。独自のLED照明の導入で電力消費量を削減、野菜から蒸発する水を再利用するなど先端技術を組み込んだ。

植物工場は天候などに影響されず安定した生産が可能で、次世代の「農業」として注目される。今後、植物工場の先端ノウハウを中東など水資源に恵まれない地域に提供して事業を拡大する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン