/

河野外相「国民交流は続けて」 元徴用工判決で

河野太郎外相は9日の記者会見で、韓国大法院(最高裁)が新日鉄住金に元徴用工への賠償を命じた判決を巡り「国民や自治体の交流はしっかり続けてほしい」と話した。「日本政府が韓国に断固たる意思で対応するよう求めている。国民交流に影響が出るべきではない」と語った。

韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が「日本政府指導者たちの過激な発言に深い憂慮を表する」との声明を発表したことには「韓国側のコメントにコメントはない」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン