/

「関空連絡橋の修理、1カ月早く」高田機工の宝角社長

〇…「関西国際空港の連絡橋の工事を1カ月くらい早く終えられるよう努力している」と話すのは高田機工の宝角正明社長。同社は台風21号の影響で損傷した連絡橋の一部の修理を担っている。関空の完全復旧に向けた緊急性の高い工事だけに、関連企業に要請して人員を確保している。

2018年4~9月期の単独税引き利益は前年同期比12%増の3億3700万円、売上高は19%増の90億円だった。同社は橋梁だけでなく、ビルなどの鉄骨も生産している。東京五輪や再開発などで需要地が首都圏に集中していることから「大阪万博の誘致に期待している」と話す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン