/

この記事は会員限定です

[FT]ゴールドマン前CEO、1MDBの不正に関与か

[有料会員限定]
Financial Times

マレーシアの政府系ファンド「1MDB」の疑惑に関する裁判所の書類で、その中心人物と2009年に会ったとされている米金融大手ゴールドマン・サックスの幹部は、ロイド・ブランクファイン前最高経営責任者(CEO)であると、2人の関係者がフィナンシャル・タイムズ(FT)紙に語った。

米司法省は先週、ゴールドマンの「経営幹部」が同社社員とマレーシア人実業家ジョー・ロー氏との会合に出席していたことを明らかにした...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1625文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン