2018年11月20日(火)

貨物船長に罰金50万円 山口・周防大島の橋衝突

中国・四国
社会
2018/11/9 10:59
保存
共有
印刷
その他

山口県柳井市と周防大島町を結ぶ大島大橋にマルタ船籍の貨物船(約2万5千トン)が衝突した事故で、岩国区検は9日までに、貨物船の男性船長(44)=インドネシア国籍=を業務上過失往来危険の罪で略式起訴した。岩国簡裁は罰金50万円の略式命令を出し、船長は既に納付した。

捜査関係者によると、船長は10月22日午前0時半ごろ、海面から大島大橋までの高さを把握しないまま、停止や旋回をせず貨物船のクレーンやマストを橋に衝突させ、橋を通る水道管などを切断。海面に落下させ、船の往来に危険を生じさせた。略式起訴や命令は8日付。

また山口地検岩国支部は、共犯として業務上過失往来危険容疑で書類送検された2等航海士の男性(26)=インドネシア国籍=と、船を操舵(そうだ)していた男性(28)=フィリピン国籍=を不起訴処分(起訴猶予)とした。同支部は理由を明らかにしていない。〔共同〕

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報