2018年11月13日(火)

NY原油、8カ月ぶり安値 需給の緩み意識

北米
2018/11/9 9:12
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=宮本岳則】8日の米原油先物相場で、指標となるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の12月渡しは9日続落し、前日比1.00ドル安の1バレル60.67ドルと、3月以来約8カ月ぶりの安値で取引を終えた。

米国はイラン産原油の禁輸の適用除外を一部の国に認め、供給量が減るとの懸念が後退した。サウジアラビアなどは増産に動いており、需給の緩みが意識されている。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報