/

この記事は会員限定です

APEC、自由貿易圏構想を協議 保護主義に懸念

[有料会員限定]

【シドニー=松本史】パプアニューギニアで17日から開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で、広域の自由貿易圏構想などが協議されることが8日、分かった。また、米中貿易戦争が過熱する中、保護主義などについても議論が行われる見通しだ。首脳宣言の発表に向け、米国が主張する2国間主義とAPECの多国間主義のせめぎ合いが予想される。

日本経済新聞社が入手した首脳宣言の草案では、APECの21の参...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り250文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン