2018年11月14日(水)

19年の「完全合意」目指す RCEP首脳声明案
年内の実質妥結焦点に

貿易摩擦
中国・台湾
東南アジア
南西ア・オセアニア
2018/11/8 20:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シンガポール=中野貴司】日中印など東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉に参加する16カ国が、2019年の「完全合意」を目指して調整していることが、8日分かった。16カ国は12日からシンガポールで閣僚会合と首脳会合を開き、主要部分で合意する「実質妥結」を目指す。19年の完全合意の実現に向け、参加国間の隔たりをどの程度埋められるかが焦点となる。

日本経済新聞社が8日までに入手した首脳会合の声…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報