キザキの子ども用白杖、福祉機器コンテストで最優秀賞

2018/11/8 22:00
保存
共有
印刷
その他

スキーストックなどスポーツ用品製造のキザキ(長野県小諸市)が製品化した子供向けの白杖(はくじょう)が、日本リハビリテーション工学協会の「福祉機器コンテスト2018」で最優秀賞を受賞した。目の不自由な子供が使いやすいように軽量化し、グリップの形も工夫した。

グリップを持ちやすく工夫したほか、長さも調節できる。

カーボン素材を採用して軽量化。成長に応じて長さも調節できる。グリップは左右どちらの手でも持ちやすい形状で、手首へ負担が少なく疲れにくいよう角度にも配慮した。開発に当たっては長野県が補助金を出し、県内の盲学校でモニター調査を実施した。

コンテストには、腰痛軽減装具など24件の応募があった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]