/

エム・テック、破産手続きへ 負債総額250億円

さいたま市に本店がある建設業のエム・テック(東京・中央)は東京地裁から民事再生手続き廃止決定と保全管理命令を受けた。10月上旬に同地裁に民事再生法の適用を申請していたが、スポンサーを見いだせなかった。早ければ11月下旬に破産手続きが始まる見込みだ。負債総額は約250億円。

負債総額は民事再生法の申請時点で債権者約890人に対し約253億円だが、今後変動する可能性がある。受注していた工事は全て契約の解除を伝えたという。

さいたま市は8日、エム・テックと契約中の工事が4件あったと公表した。うち2件は同社を含む特定共同企業体による美園南中学校の校舎建設と仲町小学校の増築で、現在工事は中断している。企業体側からは工事継続の意向を伝えられており、市は完成時期などについて書面での提出を求めているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン