2019年8月26日(月)

室蘭線沿線5市町が協議会、JR北と利用促進策で連携

2018/11/8 22:00
保存
共有
印刷
その他

JR北海道が赤字路線見直し問題の対象にしている室蘭線(沼ノ端―岩見沢)を巡り、北海道岩見沢市など沿線5市町は8日、路線存続を検討する「JR室蘭線活性化連絡協議会」の初会合を開いた。協議会はJR北が2018年度中に線区ごとの利用促進策などをまとめる「アクションプラン(行動計画)」の策定作業に参加。JR北と利用促進策などで連携する。

会合は非公開。岩見沢市の松野哲市長は会合後、報道陣に対し19~20年度の2年間の行動計画の素案はJR北が年内にも示すとの見通しを示し、「利用促進と経費削減で地域として何ができるのかを協議会で話し合っていく」と話した。

地域による資金支援の可能性については「行動計画とは別の話で、今はまだそれを議論できる段階にない」と述べた。

協議会には岩見沢市のほか、苫小牧市や由仁町、栗山町、安平町が参加。初会合ではJR北の田畑正信常務から経営状況などを聞き取ったほか、道や北海道運輸局もオブザーバーとして出席した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。