/

メドレー、医療IT化に30億円の社外投資枠

医療介護求人サイトなどを手掛けるメドレー(東京・港、滝口浩平社長)は、医療などヘルスケア分野でIT技術を開発する企業に対して出資するプロジェクトを始めた。30億円の投資枠をもうけ、資金面だけでなく開発やマーケティングなど事業面でも支援する。

専用サイトを開設し、募集を始めた。出資対象の企業はスタートアップに限らず、医療分野で長年事業を展開してきた企業がITの活用に取り組む場合なども含む。出資枠は状況に応じて拡大も検討する。

医療業界はIT化が遅れている。メドレーは平山宗介CTO(最高技術責任者)を中心に、このプロジェクトを通じて医療ヘルスケア分野で技術を共有する「オープン化」を進め、業界全体のIT化を後押ししたい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン