2018年11月14日(水)

北米産丸太 3カ月連続下落 金利上昇で米の需要不振

環境エネ・素材
2018/11/8 19:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

住宅の梁(はり)などに使う北米産丸太の日本向け輸出価格が3カ月連続で下落した。金利上昇などを背景に、住宅投資が鈍る米国で製材品の価格が大幅に下がった。現地で製材の減産もみられ需要が細った。

米林業会社と日本の商社などが合意した11月積み価格は、指標となる米松のIS級(直径30センチ以上)は千スクリブナー(約5.4立方メートル)当たり920ドル(FAS=船側渡し)。前月に比べ50ドル(5%)安い。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報