2018年11月15日(木)

京都市バスの運行事業から撤退 京阪バス、2019年度末で

サービス・食品
関西
2018/11/8 19:43
保存
共有
印刷
その他

京阪バス(京都市)が京都市から受託している市バスの運行事業から2019年度末で撤退することが8日、分かった。訪日外国人客らの観光の足として利用者が増える市バスだが、運転手の人手不足で路線や本数の維持は綱渡りの状態が続く。市バス運行を受託する他社も追随する可能性がありそうだ。

運行の一部を民間委託している京都市バス

京阪バスは京都駅から岡崎や銀閣寺方面に向かう市バスなど、6系統を66台で受託する。受託の割合は市バス全体の8%を占める。運転手や整備士が慢性的に不足しており、自社の路線バスなどの本数を維持できなくなる懸念があるとして市バスからの撤退を決めた。

京都市は00年度からコスト削減のため市バスの運行の民間への委託を始めた。現在は、市バス全体(約820台)のうち、およそ半分を民間事業者6社に委託する。市交通局は減便などはせず、運行体制は維持する方針で、委託分は直営に戻す方向で検討する。人材の確保や人件費負担の増加が今後の課題となる。

京都市を訪れる観光客は年間5000万人を突破しており、観光客の主要な足となっている市バスは混雑が指摘される。生活に支障が出るとして増便を求める市民の声も多く、今後、市バスの運行体制の見直しが不可欠だ。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報