/

この記事は会員限定です

宙に浮く東京メトロ上場 財務省、迫る「期限」に焦り

[有料会員限定]

財務省が東京地下鉄(東京メトロ)の株式を上場させる時期を再び探り始めた。売却益は東日本大震災の復興財源に充てる決まりで、2022年度という法律上の「期限」が迫っているためだ。ただ、もう一方の大株主である東京都は一貫して上場に慎重だ。上場計画は宙に浮き、財務省は焦りの色を強めている。

「都をそろそろ上場のステージに引っ張り出さないといけない」。メトロ株売却の手続きを担う財務省理財局や、メトロ、国土交...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り829文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン