2018年11月20日(火)

11/20 23:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,583.12 -238.04
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,540 -300

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

崔真淑のサイ視点[映像あり]

11月20日(火)14:18

日産役員 官房長官にゴーン氏逮捕の経緯説明[映像あり]

経産相 米中対立「日本企業への影響注視」

11月20日(火)13:00

[PR]

業績ニュース

大和ハウス、4~9月期純利益6%増

企業決算
2018/11/8 20:30
保存
共有
印刷
その他

大和ハウス工業が8日発表した2018年4~9月期の連結決算は純利益が1314億円と前年同期比6%増え、同期間で9年連続で最高を更新した。インターネット通販向けの物流施設や訪日外国人向け需要が旺盛なホテルの建設が好調だった。一方、賃貸住宅事業は苦戦した。好業績をけん引してきた3事業で明暗が分かれた。

19年3月期通期の業績予想は売上高が7%増の4兆500億円、純利益は2%増の2400億円と従来からそれぞれ500億円、30億円増額した。年間配当は110円(従来予想は107円)と前期から3円増やす。

油圧機器メーカーKYBの免震ダンパーを採用した一部の新築マンションの引き渡しが見通せなくなり、売上高で250億円、営業利益で50億円の影響が出る可能性があることも明らかにした。

4~9月期の売上高は10%増の1兆9833億円だった。主要6事業のうち4事業が前年を上回り、事業施設が27%増、商業施設が14%増と大きく伸びた。戸建ては3%減。営業利益は5%増の1895億円だった。

大和ハウスはネット通販向けの物流施設を手がける「事業施設」、小売店などを建てる「商業施設」、アパートの開発・管理を手がける「賃貸住宅」が営業利益の約9割を稼ぐ。ここ数年は、この3事業がそろって事業拡大を続け、全体の収益を大きく伸ばしてきた。

事業施設事業の営業利益は15%増と好調を維持。5月に千葉県流山市で大型倉庫を本格稼働させるなどネット通販の拡大で倉庫需要は旺盛だ。足元でも「色々な提案がきていてまだまだチャンスがある」(芳井敬一社長)という。最新ロボットを導入したり、運送トラックの待機時間を減らす仕組みを採り入れたりして付加価値を高め、さらなる受注につなげる。

商業施設事業はドラッグストアやコンビニエンスストアなど従来から得意とする小売店に加え、訪日客の増加で潤うホテルの建設が大きく伸びて23%の増益だった。1棟当たりの単価が高いホテルが好調なことで、同事業の営業利益率は20.4%と1.6ポイント上昇した。

一方、賃貸住宅事業は6%の減益だった。入居者が見込みづらい地方の物件を中心に地主の投資意欲が低下しており、金融機関が融資に慎重姿勢を崩していないためだ。相続税対策を名目に過熱していたアパート開発について、芳井社長は「今は調整局面がきているが、いずれは回復する」との見方を示した。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム