/

この記事は会員限定です

インクス、電池不要のIoTセンサー 伊藤忠が販売協力

[有料会員限定]

太陽電池開発スタートアップのインクス(東京・港)は、電池を組み込んだ自立型センサーを開発し、伊藤忠商事と販売提携する。インクスの電池は工場など照度が低い環境でも発電でき、電池無しであらゆるモノがネットにつながる「IoT」関連機器として活用できる。伊藤忠はあわせてインクスに数億円を追加出資し、出資比率を19%にして協力関係を深める。

インクスの電池は二酸化ケイ素を原料とし、200ルクスほどの照明があ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り361文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン