2019年9月23日(月)

NEC、転売防止システム 宇多田ヒカルさんコンサート

2018/11/8 16:37
保存
共有
印刷
その他

NECなどは8日、歌手の宇多田ヒカルさんのコンサートで顔認証技術による観客の本人確認システムを導入したと発表した。顔認証でチケットの高額転売を防止したうえで、当日も観客がスムーズに入場できる。現状チケット転売は国内では対策が難しいとされ、IT(情報技術)によって解決する。今後もコンサートはじめイベントでの導入をめざす。

NECソリューションイノベータ、アーティスト関連事業のテイパーズ(東京・港)と協力し、今月6日から始まった宇多田ヒカルさんのコンサートツアーでシステムを導入した。

観客はチケット購入時に顔写真を登録しておき、コンサート当日は会場入り口でカメラによる自動認証をパスして入場する。係員が免許証などを目視確認するのと比べて、入場管理の時間を半分にできるという。

コンサートやスポーツ大会のチケット高額転売が問題になるものの、実際には対策が難しい。会場の外など公共の場でのダフ屋行為は都道府県の迷惑防止条例で禁止されている。一方でネット上での行為を取り締まるのは厳しく、イベント運営者側は取引サイト運営者に自粛を求めている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。