2018年12月18日(火)

2000万ドルじゃ足りない 集団訴訟、テスラに迫る足音

コンフィデンシャル
コラム(ビジネス)
自動車・機械
(1/3ページ)
2018/11/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自らのツイートで株価の変動を招き、証券当局からの訴追も受けた米テスラのイーロン・マスク氏。騒々しい夏は終わり、当局とは罰金2000万ドル(約22億円)で和解、新型車「モデル3」の生産も順調で追い上げムードになった。だが希代の起業家への包囲網は解かれていない。全米でじわじわと第2波が押し寄せる。

■約22億円でSECと和解

10月24日、全米のメディアをつないだ電話記者会見でマスク最高経営責任者(C…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報