/

この記事は会員限定です

2000万ドルじゃ足りない 集団訴訟、テスラに迫る足音

[有料会員限定]

自らのツイートで株価の変動を招き、証券当局からの訴追も受けた米テスラのイーロン・マスク氏。騒々しい夏は終わり、当局とは罰金2000万ドル(約22億円)で和解、新型車「モデル3」の生産も順調で追い上げムードになった。だが希代の起業家への包囲網は解かれていない。全米でじわじわと第2波が押し寄せる。

約22億円でSECと和解

10月24日、全米のメディアをつないだ電話記者会見でマスク最高経営責任者(CEO)の声は弾んでいた。「私...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5271文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン