2019年1月17日(木)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,892,520億円
  • 東証2部 72,893億円
  • ジャスダック 86,656億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.15倍 --
株価収益率12.93倍13.04倍
株式益回り7.72%7.66%
配当利回り1.96% 2.05%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,402.36 -40.39
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
20,390 -40

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

崔真淑のサイ視点[映像あり]

1月16日(水)14:14

ユンケル欧州委員長 「無秩序離脱のリスク高まった」[映像あり]

アストンマーティンCEO 「合意なき離脱は災害」

1月16日(水)13:00

[PR]

スクランブル

フォローする

株、米政策にらみ選別へ 医薬には打撃も
編集委員 松崎雄典

2018/11/8 15:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

株式市場では中間選挙後の米政策を巡って思惑的な売買が広がり始めた。超党派で取り組みやすいインフラ投資の関連株が日米の市場で買われ、医療制度への高い支持を好感してヘルスケア関連株も高い。ただ民主党はロシア疑惑の追及を重視して米議会の膠着も予想される。政策をにらんだ物色は短命に終わる可能性もある。

「いくらなんでも下がりすぎでは」。沖縄県在住の個人投資家surf777さん(ハンドルネーム)は、7日夜…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

相場と投資を読み解く

8日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム