/

母とのトラブルきっかけか 島根、女性2人死亡事件

島根県出雲市の住宅で住人女性2人が死亡した事件で、祖母の原安枝さん(82)を殺害したとして殺人容疑で逮捕された同居の孫の聡悟容疑者(21)が、死亡した母親の圭子さん(46)とのトラブルが犯行のきっかけだったという趣旨の供述をしていることが8日、捜査関係者への取材で分かった。

安枝さんの死因は外傷性ショックで、頭や背中に複数の骨折や殴られた痕があったことも判明。聡悟容疑者は圭子さんへの殺人容疑も認めており、県警は犯行の詳しい状況を調べている。

県警によると、5日午前、原さん宅1階の階段下で安枝さんが頭から血を流して倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認された。圭子さんは2階の部屋で倒れた状態で死亡していた。家の中に凶器とみられるハンマーが残されていた。

県警は6日未明、安枝さんへの殺人容疑で聡悟容疑者を逮捕した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン